作詞家のありふれた毎日
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< メロディーと言葉 | main | いぬかみっ!THE MOVIE 〜Pandra >>
ピコットさんと茶虎刑事



ピコットさんの歌を歌っていたらゲーナに質問された。
「ピコットさんの職業は?」
「…。」
ピコットさんってお勤めなの?
っていうかその前に人間???


ピコットさんの歌を知っていますか?
私は、小さい頃にすきだった童謡とかのレコードで聴いていた記憶があるんだけれど
♪ピコットさんがピコットさんがやってくる〜♪
という歌。
その何十年も後に作詞家になった私が生意気にも思うのは
この歌詞のセンスはすっごくイケてるということ。
というか、あの時代にはまだ少し時期尚早だった気もするほど
今の時代でも違和感が余りない感じ。
同じような理由で「アイスクリーム」の歌もすき。
♪おとぎ話の王子でも 昔はとても食べられない♪
っていううた。

お年を召された方が、もう色んなことが解らなくなってしまっても
童謡だけはうれしそうに歌うのだと聞いたことがある。
家族の顔さえ解らなくなってしまっても残っている幼い頃の歌の記憶。
いつか自分にそんな時が来たら何を歌うんだろう。
自分の歌なんかじゃなくて、やっぱりちいさい頃の童謡なのかな。
それともピンクレディーとかなのか…。
でも、それってちょっとこわい…。
振りまでついてたらどうしよう…。


*
選挙運動真っ盛りで、こんな坂の上の静かな住宅地まで巡回してくる
選挙カー。
あのアナウンスがひどく苦手。
でも、昨日落ち着いた声のおばさまのアナウンスの車があって
「おっ?」と思った。
そう、あの甲高い声が疲れるから、もう少し低い落ち着いた声のひとなら
気分もそれほど逆なでされないで済むのかもしれない。
渋い男性声とか。
スネークとか?


*
最近我が家で大流行の動画。
何度見ても笑えるのでありました。

http://www.youtube.com/watch?v=u7A_4SLzuAA



*

いやがるなよ〜。


COMMENT