作詞家のありふれた毎日
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
蒼穹のファフナーEXODUS キャラクターソングアルバム 1.Kanon
JUGEMテーマ:漫画/アニメ

(アルバム曲についての解説です)
 

Kanonは、全アルバムの中で1番悩み、1番最後まで自分で直し続けた曲でした。


後半、気がつけばあっと言う間に散ってしまって

気持ちの行き場もなかっただろうなと思う彼女。

画面には写らなかった部分では、きっとこうだったのでは…という気持ちを綴ってゆきました。


テーマも「一騎へのせつない想い」だったので、

17話では、余り強調して描写されなかった

多分どこかで行き場をなくしていたカノンの恋する気持ちを

改めて昇華するような気持ちで書きました。


 

17話の放映後少ししてから歌の収録がありました。

小林沙苗さんに

「とてもカノンの気持ちですね…」と言っていただけて

すごくうれしかったでのを覚えています。


歌入れではまさに、カノンが命を吹き込んくれたと思う仕上がりになりました。

小林さんは、やさしくて温かくて、大きな海のような方で

少年のようなカノンとは、少しタイプは違うのに「やっぱりカノンだなぁ」と何故か思ってしまったのは

ひたむきで温かな方だったからなのかも知れません。

「私にとってもカノンはとても大切なキャラクターです」とおっしゃっていました。



カノンには、たくさんの名場面がありました。

そのひとつひとつを思い出して繋げてゆくような構成にしてあります。
 

詞を書いた頃はまだ脚本しかなくて、大好きなカノンがいなくなってしまう辛い部分を

ぐしゃぐしゃになった顔をタオルで拭いながら拭いながら読んで、

そして、また泣きながらガンガン頭を痛くして書いた…何だか今思うと

少し自分でも恥ずかしいような作業風景でした。


いつも真っすぐに一騎が好きで、そして感情がすぐ表に出てしまうカノンが

押し殺していたせつない思い…。

自分を誰より分かってくれていた一騎を大切に思う気持ちと

葛藤と、会えないまま散ってしまった悲しみを私なりの目線で書きました。

皆さんの中のカノンの想い出に、少しだけまた何か残るとうれしいです。

小心者のガーデン
JUGEMテーマ:花のある暮らし



今年も猫の額くらいの小さな庭…と言う名の駐車スペースのたくさんの鉢に

薔薇が咲き始める。

ここ数年、それを見る度申し訳ないような気分になる。

ほとんど手をかけてあげてないのに毎年律儀に咲いてほころんでくれる

白や薄いピンクやアプリコットの花たち。




広いベランダのマンションに住んでた頃、たくさんの植物を育てていた私は、

5年前小さな家を建てた時、迷わず庭が欲しいと思った。

けれど多分に漏れず都心ゆえの狭小住宅の為に、庭など夢で

結局小さな車がやっと置けるくらいの駐車スペースの周りに

鉢などを置くことにした。


最初の頃は、張り切って薔薇の鉢やらをぐんぐん買い足し

たくさんの花が咲き、殺風景なコンクリートを打っただけのガレージであっても

人々が足を止める程とても美しかった。


ところが次第に私は、水をやるのも手入れをするのも段々苦痛になっていく。


引っ越し先のご近所の方々は、とても気持ちのいい方ばかりで

オープン外構で道に面したそのスペースで作業していても

笑顔で挨拶して下さったり、薔薇を褒めていただいたり本当にありがたかったのだけれど

その中に1人だけどうしても苦手なおばあさん(元気なのでおばさんに見えるけど

うちの両親より年上らしい)がいた。


毎朝、そして時間に関係なく神出鬼没に犬を連れて現れて

長話をしてゆく。

それも根掘り葉掘りプライバシーにガンガン踏み込んでくる。


土地は?家は、幾らだったの?

旦那さんは何の仕事なの?

何才なの?

親に買ってもらったんでしょう?

え?あなたも仕事してるの?


いえ、親の援助は受けていません。というと不満なのか

そんなはずはない的なことや…あれやこれや…


このあたりが、私は本当に不器用でダメな大人だと痛感するのだけれど

余りというか全く上手にかわすことができない。

もちろんまともに答えはしないけれど、口ごもってしまったり

上手く答えられないくせに会話を切り上げてさっさと家に戻ることすら出来ない。


毎日のように現れて色々追求され

30分くらい話しても帰ってくれないおばさんに会うのが日に日に辛くなり

そのうち手入れはもちろん、水をやるのも目を盗んでこそこそと大慌てでするようになる。


そして、外でばったりでくわすと


「あら最近会わないけど…」

「枯れた植木鉢が…留守かと思った」


などぐいぐい私のつらい所に踏み込んで来る。

いつか私は、家の近くは逃げるように足早に通り過ぎたり、姿を見かけると

逃げたりするようになってしまった。


この頃からしばらく体調が悪かったことも手伝って、私はすっかり

外に出るのも、花の水やりや手入れも苦痛になってゆき

少しずつ小さな庭は枯れていった。

そして私も引きこもって行った。


それでも生きている植物がかわいそうで、時々は、おばさんの目を盗んで水をやったり

たまにそそくさと剪定をしたり、肥料をあげた。

虫に喰われてもそのままにして、そのうちそこを大急ぎでジョキジョキ切り落としていった。

水だけは…

夏は毎日、その他の季節は1日おきくらいに

家族にも協力してもらってやり続けた。

本当に伸び放題、枯れ放題手入れの行き届かない荒れた庭になってしまった。


でも。


そんな私の申し訳ない気持ちをを許してくれるかのように

顔を上げなさいと言うように

5月になるとたくさんの花を付けて咲いてくれる薔薇にクレマチスに

時々泣きそうになる。

ごめんね、ごめんね。

ありがとう。


今年もまた、咲き始めた。

そして私は随分元気になった。

もう、おばさんが来ても頑張れるかもしれない。



無精者の庭にも薔薇は咲く。

枯れたかと思ってた鉢が華麗に復活したりもする。

植物の生命力の素敵さに今年も圧倒される。



フラペチーノとトイプードル
JUGEMテーマ:日記・一般


晩ごはんのあと、ゆっくり犬の散歩に行って
帰りにスタバに寄ってフラペチーノを買い
夫と食べながら帰ったりする。
そんなどうってことない日常がとてつもなく大切に思える。


たとえ頼んだはずのダークモカチップクリームフラペチーノが
間違えてダークモカチップフラペチーノにすり替わっていたに違いなくても。

ダークモカチップのほうは初めて食べた。
結構大人の味だった。


1才になったわんこ。
かいがいしく猫の世話を焼いたりする。
でも何よりかわいいのは、散歩に行くと
「うれしいよ、うれしいよ。」
って言ってるような笑顔で、何度も何度も何度も
歩きながらこちらを振り返ること。
こちらまですっごく笑顔になっちゃって
ヘラヘラ笑いながら散歩してる怪しい人になっている私です。





今度ダークモカチップクリームフラペチーノをオーダーする時は
レシート確認しようっと。
うたと絵と。


しばらくブログから遠ざかっているうちにどんどん書く事が億劫になってゆく。
これではいけない。

相変わらずツイッターは些細なことを気軽につぶやいているけれど、あれは少し違う。

昨日は、野田順子さんのバースディライブにお邪魔してたくさんの歌を堪能させていただいてきました。
彼女のライブに伺うたびに「私、野田さんが大好きだなぁ」って思う。
1番はお人柄なのだけれど「歌」を聴かせていただく度にいろんなことを思う。
彼女の歌は、歌詞がとてもよく聴こえてくる。作詞家的にはとても贅沢な言葉の洪水。
いろんな方が綴った言葉が身体を駆け抜けてゆきいろいろ思う。
そしていつも「歌ってやっぱり素敵だな」と当たり前のことを思う。
当たり前のことなのだけど、仕事として取り組んできて追いつめられることが続くと
そんな当たり前のことすら感覚が薄れてしまう日がある。

野田さんの歌は、こころにまっすぐ飛び込んでくる
しみ込んでくる。
CDももちろん素晴らしいのだけれどライブだと臨場感からなのかそれが何倍にも
ふくらむ気がする。
だから時々彼女のライブで泣いてしまう。

昨日は、大好きな「青い翼」でほろっとし、「あなたに会えて」で崩壊してしまった。
「あなたに会えて」はもちろん私の作品ではないけれど(青い翼も)
この曲は、ほんとうに素敵。素晴らしい曲だと思う。
聴いているとたくさんの思い出が走馬灯のように流れてゆく。
私はゲームのほう、実はプレイしていないのだけれど、お仕事で関わったたくさんの
思い出たちやその時代のことが思い出されてがまんできなくなってしまった。
「ときメモ2」は私にとってもとても大切で忘れられない仕事になりました。
たくさんの曲を世に出していただき、たくさんの方に歌って、聴いていただいて
本当にしあわせ。

あれからもう12年なんですって。
私も一緒に歩んできたんだな。
子供が大学生になってしまった。

帰りにロビーで倉田さんにもばったりお会いしてうれしかった。
ラブひなのしのぶちゃん!倉田雅世さん。
野田さんと3人で少しだけお話できた。
ときメモとラブひな同じ時代だったんだよねーってお話し。
「ラブひな」も私には、忘れられない大切な作品。
そんなには関わっていないけれどヒロインの曲を2曲書かせていただいた。
「Happy happy*rice shower」が堀江由衣ちゃんとの出会いの曲。
「ラムネ色の夏」は余り知られていないかもしれない曲だけど、またどこかで聴けたらいいな。



帰りに欲張ってスイスの絵本画家『クライドルフの世界』展へ。
もう遅い時間だったしゆったり観れてとてもよかった。
電車の広告のバッタさんのボーリングの絵が気になってずっと見たかった。
こちらもとても素敵でした。

------------

なんだ。
つべこべ言わず思い切って書き出せば
こんなに長く書いてしまえるのだ。
ブログも書かなきゃね。
少しずつまたこちらも書きたいなと思います。


P.S.
震災直後の記事にコメントくださっていた方、本当にごめんなさい。
震災のバタバタとたくさんのスパム等々に紛れて気づいていませんでした。
遅ればせながらお返事書きました。
見つけてくださるといいな。


JUGEMテーマ:声優全般


ありがとう、げんきです。
JUGEMテーマ:日記・一般
今日は(もう昨日)大変な大変な日でした。
生まれてから経験したことのない大きな大きな地震がありました。

阪神大震災で実家が被災した時、なかなか家族と連絡がとれなくて
震えて歯がカチカチ鳴って、毛布にくるまれながらTVを見たあの日を思い出しながら
ガタガタ震える手でキーボードを打って、家族の安否を確認していました。

携帯のメールがかなり不通で(パソコンのほうは大丈夫)
何時間もたってから
「大丈夫ですか?」のメールを何通もいただきました。
ツイッターで今、何度も個人的なことをつぶやくのもと思い
ここで
「無事です」のご連絡。

今日は、帰れないかもと思った息子は、学校に置きっぱなしにしていた
(気まぐれで自転車で通ってるけれど遠いので結構電車になってしまう)
自転車で、夕方無事帰ってきました。
高校生になったけれど、みんな泣いていたそう。
6階で被災し、揺れが本当に怖かったこと
そして窓からお台場が燃えるのが見えて恐怖だったこと
なかなか家族と連絡が取れず、家族と連絡がとれて泣き出す子続出だったそう。

私もひとり家で、本当に泣き出しそうでした。

夫は、少し遠くに通っているので無理に帰るより今日は職場に泊まることに。
さっきまで怖くて息子とリビングのソファで身を寄せ合ってTVをみてうとうとしていたけれど
がんばってベッドに行ってみようと思います。
1ヶ月くらい余震は続くのですものね。

震度5であんなに怖かったのに
震源近くの皆さんは、本当にどんな思いをされているのかと思うと…。
亡くなられた方のご冥福をお祈りして
そして被災地に、全国に、世界に
また安心して暮らせる日が1日も早くやってきますように。


私は、元気です。
恐がりなので大変ですが…。
ご心配いただいたみなさん、ありがとう。
みなさんも、どうかどうかお気をつけて。